仮想通貨マイニング – ビットコイン、アルトコインの採掘とマシン構築

/仮想通貨マイニング – ビットコイン、アルトコインの採掘とマシン構築
仮想通貨マイニング – ビットコイン、アルトコインの採掘とマシン構築2017-12-24T12:00:04+00:00

Gracix.comは2016年より仮想通貨マイニングを実践し、仮想通貨の取引、マイニングマシン(マイニング・リグ)の構築にアドバイス等を行っております。

マイニングマシン
(マイニング・リグ)

大量のGPU(グラフィックス・カード)を用い、仮想通貨の採掘を実現するマイニングマシン。

Gracix.comは豊富なPC組み立て知識をもとに、最小限の予算で大きな効率を上げられるマシンを組み立てます。

特に設定一つで効率が大きく変わるOSやドライバの設定、冷却効率と安全性を重視した構造設計を重視しております。

深い知識を基にしたマシン構築

マイニングマシンのパーツは、実はトレンドによって大きく値段が変わります。

有名なサイトで紹介されたパーツはパソコンの知識が浅い人が一斉に購入することがあり、低性能なのに高額なるというおかしな現象も起こります。

例えば、2017年夏ごろはIntel Celeron G3900が安く、有名なマイニング解説サイトではほとんどが推奨していました。そのため、当初は3,500円ほどだった価格が5,200円ほどに一気に過熱。

しかし実は、その1ランク上のIntel Celeron G3930は同程度の低消費電力でしかも性能は少し上なのに、G3900に価格が追い越されるという逆転現象となりました。

Gracix.comはもちろんCeleron G3930をオススメし、1000~2000円の価格を削りさらに高性能にしています。

 

また、マザーボードも「マイニング専用」を謳うものを推奨するサイトが多く、品薄で高額になっています。

しかし、グラフィックボードを1~2枚など少ない枚数で運用する場合、マイニング専用マザーボードを使う必要はなく、型落ちの高性能なものをチョイスすれば価格を抑え性能もアップできます。

 

幅広い知識をもとに、コストの削減と効率アップを常に考えています。

安全性

常に最高速、高電圧、24時間連続での運用をされるマイニングマシン。何よりも重要なのは安全性です。

火事はもちろん、ショートでの煙、配線の溶解なども考慮に入れ、鉄板の上に設置するなどの対策を行います。

そのような事故ばかりではなく、マシンの安定性にも考慮しています。

高熱になりすぎるとマシンの効率は一気に1/2~1/3以下に落ちてしまいます。可能な限り熱が流れるよう、設置場所のアドバイスなども行います。